雨漏りする屋根の修理には保険が使えます

subpage1

雨漏りは、屋根や外壁が傷み、その隙間から雨水が侵入することで起こります。

雨漏り保険に関する情報を参考にしてみてはいかがでしょうか。

雨漏りするようになると屋根の構造部には相当水が入り込んでいる可能性が高く、建材が腐食することも考えられます。
すみやかな修理が望まれます。屋根の修理は素人には難しいため、雨漏り修理業者に依頼する必要がありますが、修理費用は安くありません。

NAVERまとめに関する有益な情報をご紹介いたします。

そのため修理をためらう人がいますが、実は屋根の修理には火災保険が使える可能性があり、実質無料で修理できることはご存知でしょうか。住宅を購入した際、通常は火災保険に加入します。

これには、風災・雪災・ひょう災による被害の補償が含まれていることが一般的です。


一定以上の強さの風や雪、ひょうなどにより屋根や壁に穴が開いたなどの損害がでた場合、申請すれば、修理代金の補償を受けることができるというものです。

ただし、雨漏りの原因が明らかに経年劣化による屋根の傷みであった場合は、残念ながら補償を受けることはできません。保険を申請する場合は、申請代行を行う業者もいますが、自身で行っても問題ありません。まずは保険会社に連絡を入れ、被害の状況を報告します。

あとは申請書や状況説明書など、先方が指定する書類を記入します。



信頼できる屋根の修理業者に依頼して、修理費用の見積書や損害を受けた現場の状況がわかる写真を用意してもらい、それも提出します。その後保険会社から鑑定人がやってきて、被害状況の確認を行い、支払う金額が決定します。そのお金を修理にかかる費用に充てることができます。

初心者向き生活

subpage2

雨漏りや屋根の修理を行う際、火災保険が使用できるのか不安に思っている人もいるかもしれませんが、経年劣化によって起こった屋根や外壁のヒビなどによって起こった雨漏りには、適用されません。通常、火災保険というのは、火災や落雷、破裂、雪・雹・風災や爆発によって起こった被害に適用される保険ですから、経年劣化によって起こった雨漏りは補償されることはありません。...

next

生活の重要知識

subpage3

すでにいくつかの保険に加入している人も多いと思いますが、実際にどの様なケースに保険が適用されるのかしっかりと把握しているでしょうか。特に自然災害に関しては、予測が難しいため、もしものケースに備えた補償が重要となります。...

next

学びたい知識

subpage4

家屋のトラブルの中でも雨漏りは、比較的症状が分かりやすく、程度によっては放置されてしまうこともあります。特に、雨音や天井のシミなどは軽く捉えられることも多く、その結果、知らないうちに被害が大きくなるケースも少なくありません。...

next

身になる知識

subpage5

雨漏りは出来ればなって欲しくないですが、でもなってしまうものです。特に日本は災害の多い国です。...

next